修験道の聖地、大峯山の門前町として栄えてきた大峯山の麓にある集落。夏でもクーラーいらずの避暑地で、現在も多くの行者宿(修験道信徒が宿泊する宿)が残り、昭和の面影を残す宿屋通りは、夜になると提灯に明かりが灯り、一層風情ある街並みとなる。 - K.Wa

洞川
修験道の聖地、大峯山の門前町として栄えてきた大峯山の麓にある集落。夏でもクーラーいらずの避暑地で、現在も多くの行者宿(修験道信徒が宿泊する宿)が残り、昭和の面影を残す宿屋通りは、夜になると提灯に明かりが灯り、一層風情ある街並みとなる。
投稿者 K.Wa