【群馬県指定天然記念物】須賀神社本殿の裏手にある巨木、樹勢は極めて旺盛で空洞もありません。目通周囲7.93メートル、樹高25.00メートル。 ...須賀神社は江戸時代までは牛頭天王宮と呼ばれ、慶長年間(約400年前)に真田信幸がこの地に遷宮したと伝わります。 - Massara

須賀神社の大ケヤキ
【群馬県指定天然記念物】須賀神社本殿の裏手にある巨木、樹勢は極めて旺盛で空洞もありません。目通周囲7.93メートル、樹高25.00メートル。 ...須賀神社は江戸時代までは牛頭天王宮と呼ばれ、慶長年間(約400年前)に真田信幸がこの地に遷宮したと伝わります。
By Massara