元和2(1616)年以降真崎長右衛門の差紙開として海老沢が開発され、開村に当って樋口村肝煎猿田五兵衛の氏神を分祀し、産土として鎮座した。 - Masashi

神明社
元和2(1616)年以降真崎長右衛門の差紙開として海老沢が開発され、開村に当って樋口村肝煎猿田五兵衛の氏神を分祀し、産土として鎮座した。
投稿者 Masashi