「御茶屋口」の名は、かつて日光社参で古河を通る将軍が休憩した「御茶屋」がこの地にあったことに因む。古河城は将軍の日光社参における宿城の一つであり、将軍はこの御茶屋口から諏訪曲輪を迂回、古河城東に設けられた百間堀を渡って御成門に至り、古河城に入ったという。 - Rue.

古河城御茶屋口跡
「御茶屋口」の名は、かつて日光社参で古河を通る将軍が休憩した「御茶屋」がこの地にあったことに因む。古河城は将軍の日光社参における宿城の一つであり、将軍はこの御茶屋口から諏訪曲輪を迂回、古河城東に設けられた百間堀を渡って御成門に至り、古河城に入ったという。
投稿者 Rue.