四国一の楼門があるお寺 お遍路では、第8番目となるお寺です。 建てられた江戸時代には、四国で一番大きな門(仁王門)をもったお寺だったそうです。いまでは高速道路の高架が近くに走り、すこし美観に欠けるところがありますが、十分に立派な仁王門でした。 その風情のある門をくぐり、参道をまっすぐ歩くとコンクリート造りの駐... - Toshim

四国霊場八番熊谷寺
四国一の楼門があるお寺

お遍路では、第8番目となるお寺です。
建てられた江戸時代には、四国で一番大きな門(仁王門)をもったお寺だったそうです。いまでは高速道路の高架が近くに走り、すこし美観に欠けるところがありますが、十分に立派な仁王門でした。

その風情のある門をくぐり、参道をまっすぐ歩くとコンクリート造りの駐...
投稿者 Toshim