奈良時代の国分寺跡 741年聖武天皇が外国から渡来した仏教によって、国を鎮めるために各国に建築を命じた寺院が国分寺です。741年には天皇による全国の支配がわかることや、これによって地方に建築技術が伝播したそうで、日本の国にとっての一大事業でしょう。 現在の徳島県では、ここ国分寺がその跡地です。 戦国時代に現在... - Toshim

国分寺
奈良時代の国分寺跡

741年聖武天皇が外国から渡来した仏教によって、国を鎮めるために各国に建築を命じた寺院が国分寺です。741年には天皇による全国の支配がわかることや、これによって地方に建築技術が伝播したそうで、日本の国にとっての一大事業でしょう。

現在の徳島県では、ここ国分寺がその跡地です。
戦国時代に現在...
投稿者 Toshim